虎ノ門散歩、江戸時代の虎ノ門

虎ノ門散歩、きょうは江戸時代の虎ノ門です。
江戸時代は、江戸城の外曲輪(そとぐるわ)の虎門見附(みつけ)がありました。
画像

画像

写真は見附付近の石垣を発掘しているところです。
上2枚は旧文部省と教育会館の間になります。
よくみると矢羽の印が石に刻まれていて、このあたりは毛利家が工事を担当したことがわかります。
画像

画像

下2枚はやまがたプラザ前です。この石垣は往時のまま(らしい)露出しています。
もしかすると戦後GHQ時代の混乱で少しずれてるかも。
いろいろ言い伝えがあってよくわかりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック